公式ホームページのご紹介

書道家藤田雄大公式ホームページはこちらから

1970年兵庫県高砂市生まれ。

幼少時代より筆を持つ。

唐津鐘堂に師事。

2006年36歳にして脱サラ単身、日本の戦後書道教育の第一人者である故石橋犀水創立の学校法人扶桑学園日本書道芸術専門学校(静岡県伊東市)の門を叩く。

2008年師範科卒業2009年同校研究科卒業。

小久保嶺石、大石分水、浅野秋月に師事。その後は高砂市に活動の拠点を移す。

2010年3月、高砂市勤労会館跡地の記念碑に銘文揮毫、同年6月には高砂市より姉妹都市豪州ラトローブ市へ親善大使として派遣され書道を通じて両市の友好を図る。

その際、在メルボルン日本領事館へ作品進呈。

2010年8月、高砂市内小学校全10校へ夏休み書道教室ボランティアとして回り、現在に至るまで、夏・冬休みの恒例行事となる。

また、2011年4月高砂市立阿弥陀小学校へ校歌寄贈や例年9月たかさご万灯祭へオブジェ進呈等、以来地元に多々貢献している。

一方で2011年11月にはKissFMKOBE、番組題字揮毫(Radio)、2011年大晦日にはBANBANネットワークス年越し企画「地元から ゆく年くる年」(TV)に生出演し、Liveパフォーマンス実施、2012年2月にはイギリス×日本×ベルギー国際共同制作『テヅカTeZukA 東京公演』へリプレイスメントとして参加するなど、より幅広い世代へ書道の魅力を伝えていく活動も行っている。

2007年にオーストラリアで、2009年、2010年、2012年には神戸市にて個展開催。「学會展」、「不二現代書展」、「兵庫県書道展」、「毎日書道展」など、受賞歴多数。